【第1回】オープンカレッジ in 高野山

~高野山合宿 「知と血」

期間 2002年8月25日(日)・26(月)・27日(火)
場所 和歌山県高野山 大師教会

初秋の高野山で会員自らが自らのために設けた刺激と楽しみの場。
3日間かけて「知と血」をテーマに多彩な講演を繰り広げました。
希望される一般の皆さんにもご参加いただきました。

プログラム

2002年8月25日(日)

17:00~ <世界> 曼荼羅の世界1/18:00~ <世界> 曼荼羅の世界2

土生川 正道、田中 公明

2002年8月26日(月)

10:00~ <神> 神と国家

中沢 新一、宮崎 信也、ペマ・ギャルポ

13:00~ <身体> 夢見るES細胞

古川 俊之、西川 伸一、亀井 眞樹

15:00~ <生命>

生命の誕生と遺伝子 中村 桂子、松井 孝典

17:00~ <性> 夜這論

岩井 志麻子、奥田 瑛二、佐伯 順子、島田 雅彦

18:30~ <行動> 寄付を免税に!教育改革

加藤 秀樹、林真 理子

2002年8月27日(火)

08:30~ <聖地> 奥の院訪問

10:30~ <文字> 世界の文字展望 (世界の文字とトンパ展)

浅葉 克己、秋尾 沙戸子、松岡 正剛

自まんができる「自曼荼羅」審査結果、発表。

7月から募集しましたオリジナル・アイディアのマンダラ、たくさんのご応募ありがとうございました。
8月25日、26日、27日日に開催された「エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議オープンカレッジ in 高野山」にて、展示&審査を行い、みごと7作品が賞に輝きましたので、発表いたします。
グランプリの方には賞金「10万円と賞状」、以外の方には「賞状」をお贈りいたします。

「曼荼羅」は主に真言密教で大日如来を中心に置き、そのまわりに8つの代表仏を配したいわば宇宙の地図です。
高野山に平清盛が奉納した通称「血曼荼羅」の再生プロジェクトに呼応し広く、老若男女のアイディアを募りました。

グランプリ

「携帯曼荼羅」
伊藤 肇(いとうはじめ)
33歳 アーティスト
いつも携帯できるように右のように袋に入っています。

優秀作

「世界最大のパッチワークによるマンダラ~81枚のうちの1枚」
MANDALA 21st CENTURY 実行委員会
「Be Myself」
上平 稔人(うえひらみのる)
34歳 グラフフィックデザイナー
「妊娠曼荼羅~不思議で幸せな10カ月間」
糸藤 友子(いとふじともこ)
35歳 会社員

特別賞

「思い出メンコ曼荼羅」
小川 朝子(おがわあさこ)
41歳 主婦
「TEINAS MANDARA」
奥村 靫正(おくむらゆきまさ)
54歳 アートディレクター

和歌山県知事賞

「異星人曼荼羅王国」
林 俊作(はやししゅんさく)
小学4年生
高野山合宿に参加したエンジン01会員も投票
浅葉審査委員長(左)と審査員の木村和歌山県知事

審査員委員長/ 浅葉 克己(アートディレクター)
審査員(五十音順、敬称略)/木村 良樹(和歌山県知事)、三枝 成彰(作曲家)、中沢 新一(宗教学者)、土生川 正道(高野山真言宗 宗務総長総本山金剛峯寺執行長)、眞木 準(コピーライター) 、松岡 正剛(編集工学研究所所長)


著作権・商標権・肖像権・その他知的所有権について当サイト上の全ての素材・商標・その他の知的所有物は、エンジン01文化戦略会議の財産であり、著作権・商標権・その他知的所有権の対象になります。また、当サイト上のメンバーの写真には、各メンバーに肖像権があります。メンバーの講演・講義・演奏・著作物には、各メンバーに著作権があります。これらを権利者に無断で複製・修正・賃貸・送信・放送等、使用することは禁止されています。当サイト上の素材を当会に無断で販売したり、有償・無償を問わず配布することも禁止されています。

参加講師一覧