エンジン01動物愛護賞

第4回「エンジン01動物愛護賞」受賞者

【エンジン01動物愛護・川島なお美賞】

保護猫カフェ「ねこかつ」代表 梅田達也 氏
2013年に埼玉県川越市にオープンした保護猫カフェ「ねこかつ」。単なるシェルターでは無く、保護猫カフェという形態で譲渡活動を進めることで、保護猫を飼うという選択肢を飛躍的に身近なものにした。野良猫でも、保護猫カフェで人とふれあうことで人と暮らすことに慣れ、譲渡しやすくなるなどのメリットもある。また、近隣の自治体から積極的に離乳前の子猫を引き出す取り組みを行っていることも評価される。
HP:http://cafe-nekokatsu.com/http://cafe-nekokatsu.com/

【エンジン01動物愛護・ワンダフル・パートニャーズ賞】

フジテレビ『坂上どうぶつ王国』(番組総合演出 筧 大輝 氏)
従来の動物番組とは一線を画した、保護施設や譲渡に特化したコーナーがあり、司会の坂上忍さん(=第2回「エンジン01動物愛護・ワンダフル・パートニャーズ賞」受賞)は、私財を投げうって、文字通り「どうぶつ王国」建設に取り組んでいる。
HP:https://www.fujitv.co.jp/sakagamidoubutsu/

猪野わかな 氏(トリミングサロンWANBOオーナー、GO GO groomers代表、Foster salon.Japan代表)
トリミングサロンを経営、ご自身もトリマーとして働きながら、それを生かしたボランティア活動(愛護センターで保護されている犬たちを手入れし→引き出し→譲渡するという、地味な活動をトリマー仲間たちをまとめ、長年続けていらっしゃいます。お若い方々ですが、大変しっかりとした組織だといつも感心しております。第1回「エンジン01動物愛護・ワンダフル・パートニャーズ賞」受賞者の元木佳代子氏が里親となった、レトリバーのロン君は猪野さんが、世田谷の愛護センターで命をつないでくれた犬でした。
HP:https://wanbo.jp/https://wanbo.jp/
HP:https://gogogroomers.club/
HP:https://fostersalon.jp/


公益財団法人 神奈川県動物愛護協会 (会長 山田佐代子 氏)
1958年創設の老舗動物愛護団体。保護活動はもとより、シンポジウム開催等による情報発信も積極的に行っている。また「動物福祉検定」を創設して、動物福祉という概念の一般への普及をはかっている。常任理事の黒沢泰氏は地域猫活動の先駆者でもある。
HP:https://kspca.jp/



2020年9月22日(火・祝)第4回「川島なお美動物愛護賞」授与式

第3回「エンジン01動物愛護賞」受賞者

【エンジン01動物愛護・川島なお美賞】

大木 トオル 氏(一般財団法人国際セラピードッグ協会代表)
動物愛護家として日米の友好・親善に貢献。殺処分寸前の捨て犬たちと救助と共にセラピードッグ育成のパイオニアとして動物介在療法を39年にわたり行っている。障害者施設、高齢者施設、病院、教育の現場などで活動し、日米の各施設で多くの症例と成果を出している。セラピードッグ訓練カリキュラムの考案者として活動中。
HP:https://therapydog-a.org/
山田 あかね 氏(映画監督、小説家、脚本家、演出家
映画「犬に名前をつける日」の監督として注目を集めて以来、TV番組も4本制作。本にもなっている「犬と猫の向こう側」では、今年6月、放送文化基金の優秀賞を受賞。人生を投げ打ってまで犬や猫の小さな命を救おうとする人々の背後に無得る社会に向けられる視点を大切に活動を行っている。
HP:https://yaplog.jp/akane-y-dairy/

【エンジン01動物愛護・ワンダフル・パートニャーズ賞】

ドッグレスキュー 代表 廣田 美嘉 氏
人間と動物の共生を図る社会の形成を目的として、協力団体と共に様々な過酷な状況を強いられる犬猫を救出し、適切な治療を行い、あたらしいご家族のもとへと、小さな命をつなげることを使命として活動しているボランティア団体です。※ドッグレスキューの譲渡は全国対応です。(HPより)
HP:http://www.dogs-rescue.net
月刊ねこ新聞 副編集長 原口美智代 氏
創刊25周年を迎えた「ねこ新聞」は、「富国強猫」(フコクキョウネコ)、猫がゆっくりと眠りながら暮らせる国は心が富む国をモットーに、1994年から驚くべき筆者たちによる詩やエッセイ、絵画などを、主編集長が倒れた後も奥さまの美智代さんが引き継いで発行。直接の救助活動こそないものの、命へのエールと国の民度、モチベーションに多大な働きをしてくださった偉大な歴史に感謝。
HP:http://www.nekoshinbun.com/


山路 徹 氏(ジャーナリスト
国内初の紛争地専門のニュース通信社・APF通信社を設立。国内外への配信ほか、2011年東日本大震災後は被災地での動物救出活動をきっかけに、ブログ「とらマロ通信」を立ち上げ、ペットの殺処分問題にも取り組んでいる。
HP:https://twitter.com/yamajitoru



2019年9月26日(木)第3回「川島なお美動物愛護賞」授与式

第2回「エンジン01動物愛護賞」受賞者

【エンジン01動物愛護・川島なお美賞】

山根 義久 氏(公益財団法人動物臨床医学研究所 理事長、倉吉動物医療センター・山根動物病院/米子動物医療センター 会長、国立大学法人東京農工大学 名誉教授)
団体としてよりも、医学博士、獣医師博士、獣医師として、倉吉動物医療センター、米子動物医療センター会長として、また1970年に設置した山根動物愛護病院の院長として、常に動物の健康と医療に力を尽くし、平成25年に自ら直接的な動物愛護活動を行うために 「人と動物の未来センター“アミティエ”」を開設。日本で初めて本格的な動物の終生飼育を理想とする保護センターを鳥取県との連携で立ち上げた。
HP:http://www.haac.or.jp/
朝日新聞 文化くらし報道部 記者 太田 匡彦 氏
10年以上に渡って日本の動物愛護の運動を推し進め、「AERA」誌では、数回に渡り、動物愛護関連の記事を執筆し、朝日新聞上のペット情報サイト「Sippo」で健筆をふるう。また、取材活動を通じて掴んだ実態をまとめた単行本「犬を殺すのは誰か、ペット流通の闇」も貴重な啓発書となっている。
HP:https://sippo.asahi.com/

【エンジン01動物愛護・ワンダフル・パートニャーズ賞】

金木 洋子 (NPO法人日本動物生命尊重の会アリス代表理事)
東京都動物愛護相談センター・埼玉動物指導センターより犬や猫を引き取り、多頭飼い崩壊現場や飼育放棄現場での犬猫の救済、廃校を利用した動物シェルター設置要望の署名活動などを行っている。
HP:http://www.npo-alis.org/
坂上 忍 氏(俳優)
12頭の犬のためにドッグラン付き一戸建てを購入。その中には義足の保護犬もいる。
Amebaブログ男性第2位のブログには、毎日わんこが登場する。
HP:https://ameblo.jp/shinobu-sakagami/



2018年9月25日(火)第2回「川島なお美動物愛護賞」授与式

第1回「エンジン01動物愛護賞」受賞者

【エンジン01動物愛護・川島なお美賞】

Tier LOVE(浅田美代子氏の動物愛護チャリティ団体)
Tier Loveで集められた収益は浅田美代子さんが信頼を置く動物愛護団体を通じ、動物の保護、福祉に役立てられおり、捨て犬、捨て猫などの防止、動物虐待の防止など動物への優しさがあり動物の苦しみをやわらげる社会づくりに役立て、飼い主のいない犬や猫、虐待されている動物の保護など、本当の意味での殺処分ゼロをめざしている。
HP:https://www.tierlove.jp/

【エンジン01動物愛護・ワンダフル・パートニャーズ賞】

忠 裕之氏(犬猫の車椅子の製造を手掛けるadworks代表)
長年飼ってきた愛犬が、病気で歩けなくなったため車椅子を自作。その方法をHPに載せたところ、製作依頼が来るように。以来サラリーマンと2足のわらじで車椅子の製作にあたり、ついに会社を退職、犬と猫の車椅子作るに専念し、今まで2500台以上を製作している。
HP:http://adoworks.com/
ベルセルバカントリークラブ総支配人・元木佳代子氏(元プロゴフファー)
殺処分寸前の成犬レトリバーを愛護センターから救出。
「ロン君」と名付られ、現在ゴルフ場のウェルカム犬として活躍中。
HP:http://www.belle-co.com/belleselva/
飯塚みどり氏(茨城県動物愛護推進員)
県立こども病院において、セラピー犬とともに病棟を訪問する傍ら、県内学校や図書館においても、動物愛護の絵本・紙芝居の読み聞かせを実施中。動物愛護のパネル展示にも携わる。また日本盲動犬協会のデモンストレーターとして、県内での盲導犬啓発や、盲導犬キャラバン等をサポートしている。



2017年9月29日(金)第1回「川島なお美動物愛護賞」授与式