会員一覧(な行)

中井 美穂
(なかい みほ)

プロフィール

ロサンジェルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。 現在、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、 「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめ スポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演。雑誌・新聞などでの連載コラムや、イベント、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。


中内 潤
(なかうち じゅん)

プロフィール

1955年3月 岡山県に生まれる
1978年3月 慶應義塾大学 法学部卒
1980年3月 慶應義塾大学院 経営管理研究科修了 
1980年4月 株式会社ダイエー入社
1984年    慶應義塾大学 商学研究科 博士課程修了  
1984年5月 株式会社ダイエー 取締役就任
1986年5月  同社 代表取締役専務取締役就任
1989年1月  同社 代表取締役副社長就任
1999年3月~2000年10月 株式会社ダイエーホールディングコーポレーション 代表取締役社長
2002年8月~2005年3月 未来開発研究所 チーフプロデューサー(現職)
2003年4月 学校法人中内学園 流通科学大学理事長(現職)  

【流通科学大学HP】http://www.umds.ac.jp/

著書

 1991年9月「小売流通企業の戦略デザイン ~21世紀への成長構図を求めて~」(プレジデント社)


中尾 清一郎
(なかお せいいちろう)

プロフィール

1960年生まれ

学歴

1979年3月 佐賀県立佐賀西高校卒業
1984年3月 早稲田大学商学部卒業

職歴

1984年4月 佐賀新聞社入社、同時に岐阜県岐阜日日新聞社(現在岐阜新聞社)へ出向
1985年12月 代表取締役社長に就任

関連企業

(株)佐賀広告センター社長  (株)佐賀新聞サービス社長
(株)佐賀印刷社社長  (株)佐賀新聞文化センター社長

主な役職

(福)佐賀整肢学園理事長  (株)サガテレビ取締役  (株)エフエム佐賀取締役

公職・その他

九州経済連合会審議員、佐賀県経営者協会副会長、佐賀経済同友会副代表幹事、 佐賀県日韓親善協会会長、佐賀県ユニセフ協会会長、佐賀ユネスコ協会副会長、 佐賀県国際交流協会理事、佐賀県暴力追放運動推進センター理事、佐賀大学経営協議会委員、 表千家同門会佐賀県支部長、早稲田大学校友会佐賀県支部長。

ローカルから、世界史の流れを見据えた国家運営に関心を持つ。
趣味・美食、建築探訪、オペラ。


中川 恵一
(なかがわ けいいち)

プロフィール

東京大学医学部医学科卒業後、85年同医学部放射線医学教室入局。 現在、同医学部放射線医学教室准教授。03年より同医学部付属病院緩和ケア診療部長(兼任)。この間、スイスPaul Scherrer Instituteへ留学。英文論文による学術発表や、患者/一般向けの啓蒙活動にも力を入れている。著作には、養老孟司氏共著「自分を生ききる-日本のがん治療と死生観-」、「がんのひみつ」、「死を忘れた日本人」等多数。日経新聞「がん社会を診る」、週刊新潮「がんの練習帳」を連載中。


中瀬 ゆかり

中瀬 ゆかり
(なかせ ゆかり)

プロフィール

1964年6月3日、和歌山県生まれ。奈良女子大学文学部卒業。87年、新潮社入社、出版部、文芸誌『新潮』編集部を経て98年、『新潮45』に異動。 01年8月、同誌編集長に就任、08年に「週刊新潮」を経て、11年より現職。CX「とくダネ」、MX「5時に夢中!」などにレギュラー出演。


中園 ミホ
(なかぞの みほ)

プロフィール

東京生まれ。日本大学芸術学部卒業後、広告代理店勤務、占い師の職業を経て、88年に脚本家としてデビュー。主な作品に『For You』『Age,35 恋しくて』『やまとなでしこ』『anego』『トットてれび』など。07年に『ハケンの品格』が放送文化基金賞と橋田賞を、13年には『はつ恋』『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞と橋田賞を受賞。14年はNHK連続テレビ小説『花子とアン』を執筆、高視聴率を記録し話題となる。2018年はNHK大河ドラマ『西郷どん』の脚本を担当。


中丸 三千繪
(なかまる みちえ)

プロフィール

桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。86年、小澤征爾指揮『エレクトラ』でデビュー。88年「ルチーアノ・パヴァロッティ・コンクール」優勝、ヨーロッパデビュー。89年パヴァロッティと共演し米国デビュー。 90年「マリア・カラス国際声楽コンクール」等数々の国際コンクール優勝。プラシド・ドミンゴ、ローリン・マゼール、ケント・ナガノ、リッカルド・ムーティ等と共演し、 ミラノスカラ座をはじめ国際的に活動。06年、イタリア大統領よりコメンダトーレ章授与。 医療法人千樹会理事、株式会社ディーヴァ代表取締役、広島大学客員教授、茨城県名誉県民、いばらき大使、水戸大使、宮古島大使。


仲道 郁代
(なかみち いくよ)

プロフィール

全国でデビュー30周年記念公演を実施。ロスや上海でも公演を行う。 作曲家の人生を辿る、曲の解説付き公演シリーズも好評を得ている。全国の公共ホールと連携し「音楽がヒラク未来」シンポジウムを企画。 最新CDは「永遠のショパン」(ソニー・ミュージックレーベルズ)、著作に「ピアニストはおもしろい」(春秋社)等がある。 第51回日本音楽コンクール第1位、ジュネーヴ国際コンクール最高位。 一般財団法人地域創造理事、桐朋学園大学教授。


夏野 剛
(なつの たけし)

プロフィール

1999年NTTドコモより世界初の携帯電話を利用したインターネットビジネスモデル「 iモード」サービスを立ち上げ、ビジネスウィーク誌にて世界のeビジネスリーダー25人の一人に選出される。現在は、慶應大学で教鞭をとる傍ら、上場企業の取締役を複数社兼任。内閣官房クールジャパン官民連携プラットフォームアドバイザリーボードメンバー、東京2020マスコット選考検討会議委員など、経産省や内閣府で各種委員も務める。


南條 史生
(なんじょう ふみお)

プロフィール

1949年東京生まれ。1972年慶應義塾大学経済学部、1976年文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。1978-86年国際交流基金、1986-90年ICAナゴヤディレクター等を経て2002-06年森美術館副館長、2006年11月より現職。国際的な展覧会、審査員の経験として、1988年ヴェニス・ビエンナーレ「アペルト88展」コミッショナー、1991年カーネギー・インターナショナル展コミッショナー及び審査員、1997年ヴェニス・ビエンナーレ日本館コミッショナー、1998年台北ビエンナーレコミッショナー、ターナープライズ(英国)審査委員、1999年アジアーパシフィック・トリエンナーレ(オーストラリア) コ・キュレーター、2000年シドニー・ビエンナーレ国際選考委員、ハノーバー国際博覧会日本館展示専門家、2001年横浜トリエンナーレ2001アーティスティック・ディレクター、2002年サンパウロ・ビエンナーレ東京部門キュレーター、2005年ヴェニス・ビエンナーレ金獅子賞国別展示審査員、2006年及び2008年シンガポールビエンナーレ アーティスティック・ディレクター等がある。2016年は総合ディレクターとして初の茨城県北芸術祭を成功に導く。現在は2017年3月開幕予定のホノルル・ビエンナーレをキュラトリアル・ディレクターとして準備中。近著に「アートを生きる」(角川書店/2012年)がある。


南場 智子
(なんば ともこ)

プロフィール

1986年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。1990年、ハーバード・ビジネス・スクールにてMBAを取得し、1996年、マッキンゼーでパートナー(役員)に就任。1999年に同社を退社して株式会社ディー・エヌ・エーを設立、代表取締役社長に就任。2011年に代表取締役社長を退任。取締役を経て、2015年6月、取締役会長に就任。2017年3月、代表取締役会長に就任(現任)。


西川 伸一
(にしかわ しんいち)

プロフィール

1948年滋賀県に生まれる。1973年京都大学医学部卒業。京都大学結核胸部疾患研究所にて研修医、医員、助手を経て、 1980年ドイツ ケルン大学遺伝学研究所に留学。帰国後、京都大学胸部疾患研究所にて助手、助教授を勤めた後、1987年より熊本大学医学部教授、1993年より京都大学大学院医学研究科教授を歴任。2000年理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター副センター長および幹細胞研究グループディレクターを併任。2013年、あらゆる公職を辞し、JT生命誌研究館顧問及び、NPO法人オール・アバウト・サイエンス・ジャパン代表理事として新しく出発したところ。JT生命誌研究館では、核酸という物質が、物質ではない情報という性質をいかに発生させたのかを理論的に研究している。一方、NPOでは、様々な患者さん団体と協力して、患者さんがもっと医療の前面で活躍する我が国にしたいと活動を行っている。


西川 りゅうじん
(にしかわ りゅうじん)

プロフィール

1960年神戸市出身。一橋大学経済学部・法学部卒業。大学在学中に起業後、地域と産業の元気化に努める。 「愛・地球博」の“モリゾーとキッコロ”や「平城遷都祭」の“せんとくん”の選定・広報、「六本木ヒルズ」「日本橋三井本館」「京都駅ビル」「大阪クリスタ長堀」「上海環球金融中心」の商業開発、「ウォークマン」の販売促進、「ジュリアナ東京」のPR、「福岡ドーム」のオープニング演出、全国的な鹿児島県産芋焼酎の人気づくり、日本橋・吉祥寺・柏市・日光市・つくばエクスプレス沿線・小田原箱根・瀬戸内7県連合・高知県・氷見市・都城市・ 沖縄離島など、各地で官・民の集客施設づくり、イベントプロデュース、ブランドづくりに 携わる。 現在、厚生労働省「健康寿命をのばそう!Smart Life Project」スーパーバイザー、神奈川県まちづくり委員会「マグカル・テーブル」座長、兵庫県参与などを委嘱されている。 経済産業省「地域の魅力セレクション」審査委員長、全国信用金庫協会「商店街ルネッサンス・コンテスト」審査委員長、観光庁専門委員、拓殖大学客員教授、東京工業大学・早稲田大学の非常勤講師などを歴任。 また、CNNでキャスターを務めた他、アッシー・メッシー・ジモティ・価値組など流行語の造語でも知られる。 神社から頂く「神社エール」と「ある中」生活(歩き中心生活)で元気を保っている。モットーは「小さなことからコツコツと」(西川きよし師匠ならぬ西川りゅうじん)


西村 朗

西村 朗
(にしむら あきら)

プロフィール

大阪市に生まれる。東京芸術大学及び同大学院に学ぶ。 日本音楽コンクール作曲部門第1位(1974)、エリザベート国際音楽コンクール作曲部門大賞(1977・ブリュッセル)、 ルイジ・ダルッラピッコラ作曲賞(1977・ミラノ)、尾高賞(1988・1992・1993)、中島健蔵音楽賞(1990)、京都音楽賞[実践部門賞](1991)、 日本現代芸術振興賞(1994)、エクソンモービル音楽賞(2001)、第3回別宮賞(2002)、第36回(2004年度)サントリー音楽賞、 第47回毎日芸術賞(2005)等を受賞。 この他、02年度芸術祭大賞に「アルディッティSQプレイズ西村朗「西村朗作品集5」」が、05年度芸術祭優秀賞に「メタモルフォーシス・西村朗室内交響曲」が選ばれる。 現在、東京音楽大学教授の他、2000年より大阪いずみホールのレジデントオーケストラ、いずみシンフォニエッタ大阪の音楽監修を務めている。


西村 知江子

西村 知江子
(にしむら ちえこ)

プロフィール

横浜生まれ。ニッポン放送にアナウンサーとして入社。音楽番組のディスクジョッキー、ワイド番組のパーソナリティとして数々の番組を担当。8年9ヵ月間、局アナをつとめた後フリーに。ラジオと並行してテレビ朝日「トゥナイト」、TBS系列「世界まるごとHOWマッチ」などにレギュラー出演。現在、ラジオ番組の他、舞台「60才のラブレター」で朗読。二人の息子の母。


蜷川 実花
(にながわ みか)

プロフィール

木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)  監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。 2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台湾の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。 www.ninamika.com/


蜷川 有紀
(にながわ ゆき)

プロフィール

1978 年、つかこうへい構成・演出『サロメ』にて、三千人の応募者の中から主役に選ばれ女優としてデビュー。1981 年、映画『狂った果実』でヨコハマ映画祭新人賞受賞。以降、映画『ひめゆりの塔』『もどり川』『人でなしの恋』やTV『鬼龍院花子の生涯』など出演作多数。舞台では『仮名手本忠臣蔵』『にごり江』など様々な異色の作品に出演し、確実な演技で評価を得る。 女優業だけにとどまらず2004 年には、鈴木清順原案の短編映画『バラメラバ』を監督・脚本・主演。『バラメラバ』小説&DVD を上梓。 2008 年、Bunkamura Gallery にて絵画展『薔薇めくとき』を開催。同年度情報文化学会・芸術大賞受賞。2010 年、松坂屋デパートメントストア100 周年記念企画・蜷川有紀絵画展『薔薇まんだら』は、松坂屋上野店及び大丸心斎橋店イベントホールで開催、2012 年『薔薇都市』(Bunkamura Gallery)、2013年『薔薇迷宮』( 大丸心斎橋店イベントホール) などの個展も大盛況をおさめる。また、2017年 蜷川有紀展「薔薇の神曲」では、ダンテ「神曲」テーマにした3m× 6mの超大作を発表。アートイベントとしても異例の成功を収める。 その他、テレビ東京開局45 周年番組「寧々・おんな太閤記」タイトル画、ワコールPR 誌表紙画なども手がけ、岩絵の具で描き上げた魅惑的な作品が女性たちの圧倒的な支持を得ている。 また、日本文化デザインフォーラム幹事 、(財)全国税理士共栄会文化財団/芸術活動分野選考委員、InnovativeTechnologies特別賞選考委員(経済産業省)、青森県立美術館アドバイザー等として多くの文化活動にも貢献している。2016年より大正大学客員教授に就任。


野宮 博
(ののみや ひろし)

プロフィール

1974年東京大学教養学部フランス科卒業後、三菱商事入社。81年フランスのINSEADにてMBA取得。ロンドンを拠点に日欧間の企業買収アドバイス業務で実績を積み、96年にリップルウッド社(在ニューヨーク)に移籍。 99年リップルウッド日本法人のマネージング・ディレクターに就任、以降日本におけるプライベート・エクィティ投資の先駆的役割を果たす。2012年より現職。また2013年には、16年間にわたるプライベート・エクィティ投資の経験を社会貢献に生かすべく、日本で初の本格的なベンチャー・フィランソロピー・ファンドを立ち上げ、一般社団法人ソーシャル・インベストメント・パートナーズ理事に就任。同時に日本財団と共同運営するジャパン・ベンチャーフィランソロピー・ファンドの案件選定委員に就任。また指揮者の大友直人氏とアランギルバート氏が立ち上げた国際音楽セミナーであるミュージック・マスターズコース・ジャパンの運営委員も務める。早稲田大学商学部ビジネススクール非常勤講師。


野村 万蔵
(のむら まんぞう)

プロフィール

野村万蔵家九代目当主。重要無形文化財総合指定。一門の組織「萬(よろず)狂言」を率い国内外で狂言を上演。狂言の大曲を数多く演じ、古典を守り伝えると共に、家族で楽しむ「ファミリー狂言会」、南原清隆とタッグをくんだ「現代狂言」シリーズ、狂言の流派を超えた「立合狂言会」などを催し、狂言の普及発展に邁進している。また「ももいろクローバーZ桃神祭」でのももクロとのコラボや『大田楽いけぶくろ絵巻』の演出においてのコスプレとのコラボなど、伝統と新しいコンテンツとの融合を試み、TOKYO ART CITY BY NAKEDでのSAMURIZE from EXILE TRIBEとのコラボにおいては、プロジェクションマッピングの舞台の上でLEDによる輝く装束をつけて舞い技術と伝統の融合に挑戦した。こうした功績により、2017年 第11回ASIAGRAPHアワード匠賞を受賞した。2017年から歴史学者磯田道史氏と新作狂言に取り組み、第一弾として「信長占い」を発表。今後、史実に基づく新作狂言シリーズを全国展開する予定。
なお、福岡には萬狂言九州支部があり、大分でも一般向けの稽古場や大学での講義など幅広く活動展開している。
野村万蔵家は300年の歴史を持ち、かつての加賀前田藩お抱えの狂言の家。父は人間国宝、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会会長の野村萬。


著作権・商標権・肖像権・その他知的所有権について当サイト上の全ての素材・商標・その他の知的所有物は、エンジン01文化戦略会議の財産であり、著作権・商標権・その他知的所有権の対象になります。また、当サイト上のメンバーの写真には、各メンバーに肖像権があります。メンバーの講演・講義・演奏・著作物には、各メンバーに著作権があります。これらを権利者に無断で複製・修正・賃貸・送信・放送等、使用することは禁止されています。当サイト上の素材を当会に無断で販売したり、有償・無償を問わず配布することも禁止されています。

会員一覧