ENJIN01文化戦略会議

お問い合わせ サイトマップ
ホーム エンジン01とは? 構成メンバー 活動報告 委員会活動 会員ページ

委員会活動

教育委員会とは 動物愛護委員会とは

 

 

委員会活動 動物愛護委員会とは

動物愛護委員会とは 動物愛護委員会より 活動方針
動物愛護委員会メンバー ポスター 活動報告
★署名活動 リレーエッセイ
動物愛護委員会とは?
日本では、飼い主を持たない犬や猫の殺処分がまだ今も日常的に行われています。人間と動物が豊かな自然環境の中で共生していくために、これを将来的には可能な限りゼロにする、またすべての命あるものについての啓蒙教育と活動に取り組むことを目的に、動物愛護委員会は発足しました。動物への迫害、尊厳の蹂躙を様々な角度から考察・議論し、人々の感性や日本の動物愛護問題に対し、提言していきたいと思います。
動物愛護委員会
湯川れい子委員長(作詞家)
湯川れい子委員長 (音楽評論家/作詞家)
皆様の中には、犬や猫などのペットとともに暮らしておられる方、また同居はなさらずとも、動物がお好きという方は多くおられるのではないかと拝察します。
近年、決まった飼い主や家を持たず町中に暮らす犬や猫を捕獲し、一定の日数を施設に留め置いた後、炭酸ガス等を使った殺処分によって命を絶つという心ない行為が、まだまだ全国的に行われていることをご存じでしょうか。
彼らや彼女らがこの世に生を受けたのも、また不条理に殺されるのも、人間の作り上げた文明社会に原因があると考えるのは、私だけではないと思います。
動物も人間もこの地球上に共生する命であることに変わりはなく、同じように個としての尊厳を持ち、命をまっとうする権利があるという考えが浸透している諸外国では、行政も殺処分をなくし、生涯飼いとげる方向に変わりつつあります。
家を持たない犬や猫に対して、よい飼い主を見つける手伝いをし、過剰な繁殖に至らぬよう、また病気にかかったり事故に遭わぬよう、法律や条令を整備し、しかるべき役所や近隣の住民が積極的に見守ろうとする動きがあり、そのためのシステム作りが活発に行われております。 「コンパニオンアニマル」という言葉に表わされるように、動物たちは、私たちにとってかけがえのない人生のパートナーとなりうる存在です。またその命は、私たちの命と同じ、社会の構成要因であると考えます。
エンジン01においても、このような諸外国の動きにかんがみ、動物たちへの迫害、尊厳の蹂躙をさまざまな角度から考察し、議論することによって、豊かな社会の実現、ならびに日本の動物愛護問題に対して、意味ある提言をしていきたいと考えています。

 

動物愛護委員会活動方針

 今年度も引き続き生涯、犬や猫などのペットを「飼いとげる」をテーマとした活動を行っていきます。その施策として、悪質業者を規制する内容を盛り込んだ<動物愛護法改正の署名活動>と、会員による<ペットとの写真パネル展>を、オープンカレッジ会場や動物愛護フェアなどのイベント時など、機会ある度に年間を通じて展開していきます。特に、オープンカレッジ開催地では、地元の動物愛護団体と連携を深め、署名活動の拡大をお願いししていきます。コラボレーション中の川崎市とは、今年も動物愛護フェアに参加し、署名活動とパネル展を実施し、より一層「飼いとげよう」の終生飼育の啓蒙活動を継続する予定です。。   
 また、来年度と予想される動物愛護法の改訂を念頭におき、動物取扱業者を登録制から許可制に変更する改訂や、幼齢犬猫の売買を8週齢まで禁止する法令の実現を中心に提唱し、超党派で結成された議員連盟などに働きかける事も検討していきたいと思います。 
 外部の組織や団体と、前向きにネットワークしていくことで、より効果的な啓蒙を目指して活動を行います。今年度も隔月の定例会を実施し、委員同士の交流および情報交換を強化し、その都度新しいテーマがあれば検討し、前向きに連携と活動を進化させていく予定です。  



動物愛護委員会メンバー
委員長 湯川れい子
副委員長 堀 紘一
委 員 浅葉克己安藤和津安藤優子泉田裕彦磯田道史
犬養裕美子奥田瑛二勝間和代蟹瀬令子金惠京
木村晋介小六禮次郎今野由梨三枝成彰白石一文東海林良
神野美伽 鈴木久泰多田宏行田中英成谷川彰英西川りゅうじん
倍賞千恵子
HASHI蜂谷宗苾波頭 亮林真理子
ピータージェイマクミラン
布袋寅泰眞鍋圭子村上典吏子山田宏巳
山田美保子ロッド マイヨール 鎧塚俊彦 わたせせいぞう和田裕美

 

動物愛護委員会ポスター

動物愛護委員会ポスター
デザイン/浅葉克己 コピー/岡田直也 モデル/川島なお美
※画像をクリックしていただくと大きい画像がご覧になれます。
  また、こちらをプリントアウトしていただき、チラシやポスターとして
  ご自由にご活用ください。



 


動物愛護委員による動物・ペットに関する 【リレーエッセイ】
                                                ※エッセイの記事・写真など無断転載は禁止です。



) 田中英成  『 心の中にいつまでも 』

NEW! 2017/6/30更新



8) 倍賞千恵子  『 サブちゃん 』

2017/4/28更新



7) 金惠京  『 決して切れない絆の糸 』

2016/12/26更新




6) 林真理子  『 彼女の幸運 』

2016/9/28更新




5) 和田裕美  『 Oさんの涙 』

2016/7/28更新



4) 神野美伽  『 ふと思う 』

2016/5/27更新




3) 堀 紘一  『 犬に教えられたこと 』

2016/3/28更新




2) 安藤優子  『 命をあずかるということ 』

2016/1/21更新




1)  湯川れい子  『 私は猫オバサン 』

2015/11/25更新


                               ※エッセイの記事・写真など無断転載は禁止です。




 

動物愛護法改正を訴える署名活動

現在、犬や猫などペットの悲惨な虐待、遺棄、殺処分をなくすため、
動物愛護法を改正するお願いの署名活動を行っております。

------------------------------------------------------------------------
動物愛護法に、繁殖業者(ブリーダー)や生体小売業を営むペットショップなど
第一種動物取扱業者(販売)に対し、以下の4つの条件を満たす事を規定とし、
罰則を伴った許可制を取り入れることを、環境省に強く要望いたします。


1)生後8週(56日)を過ぎるまで、親犬(猫)や兄弟犬(猫)たちと引き離して販売しない。
2)母体保護のため、生涯に「何度の出産まで」という制限を設ける。
3)飼育環境の水準を向上させる一定の条件を規定する。
4)移動店舗による販売を法令で規制する。

------------------------------------------------------------------------

詳しい内容は、以下の 【 署名のお願い 】 に記載しております。
↓クリックしていただき、印刷してご覧ください。

署名のお願い
署名のお願い

署名用紙 署名用紙
ご署名にご協力いただける方は、 ↑上の 【 署名用紙 】 を
印刷し (クリックすると大きな画面が開きます)、
それぞれ直筆にて、お名前・ご住所の記入を願いいたします。
ご記入いただきました用紙 (原本) を 、エンジン01へご郵送ください。

≪個人情報の利用について≫
個人情報はこの署名活動のみに使用させていただきます。
尚、第三者に個人情報を提供することは、一切ございません。



【郵送先】
〒150-0011
東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー3 F
エンジン01文化戦略会議 動物愛護委員会 宛て




 

動物愛護委員会 活動報告
「オープンカレッジ in 水戸」にてパネル展と署名活動
                              【2017年2月18日(土)】


1
 

「オープンカレッジin水戸」の会場にて、イベ ント来場者のなかから、
256名にご署名を頂きました。



1

日 時: 2017年2月18日(土)
場 所: 茨城大学 水戸キャンパス 
署名者: 256名






 ■「動物愛護フェアかわさき2016」 に参加! 【2016年9月25日(日)】


1

昨年に引き続き、動物愛護週間に川崎市麻生区にて行われた
「動物愛護フェアかわさき2016」に、 湯川れい子委員長はじめ以下の動物愛護委員が
参加いたしました。

湯川れい子(音楽評論家/作詞家)
堀 紘一(株式会社ドリームインキュベータ代表取締役会長)
安藤和津(エッセイスト)
山田美保子(放送作家/コラムニスト)
金惠京(日本大学危機管理学部准教授)
東海林良(作詞家/作家)

●湯川れい子                                  ●堀 紘一
●安藤和津                                   ●山田美保子
●金惠京                                   ●東海林良
             


1



1

 
日時: 2015年9月25日(日)
場所: 川崎市麻生市民館
署名数: 216名


 



 ■川崎市とのコラボレーション
     【リレーエッセイ】掲載のお知らせ。
 【2015年11月25日(水)】


『 殺処分0の次の1歩へ ~人と動物の輪⇒社会の輪~ 』 と題して、
現在、エンジン01動物愛護委員会と川崎市では様々なコラボレーションを
行っております。

その一環といたしまして、川崎市のHP上にエンジン01動物愛護委員の
【動物愛護・ペットに関するエッセイ】を掲載していく、リレーエッセイが始まり
ました。

エンジン01動物愛護委員の第1回目は、湯川れい子 委員長のエッセイが
11月25日より川崎市HPにアップされております。

皆さん是非ご覧ください。


●【川崎市】リレーエッセイ 掲載ページ
http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000070512.html


川崎市HP
 
(↑クリックすると川崎市HPにジャンプします。)



 


「オープンカレッジ in のべおか」にてパネル展と署名活動
                              【2015年11月22日(日)】


1
 

「オープンカレッジinのべおか」の会場にて、イベ ント来場者のなかから、
631名にご署名を頂きました。



1

日 時: 2015年11月20日(日)
場 所: 九州保健福祉大学 
署名者: 631名



 



 ■「動物愛護フェアかわさき2015」 に今年も参加! 【2015年9月20日(日)】


1

昨年に引き続き、動物愛護週間に川崎市内で行われた「動物愛護フェアかわさき2015」に、
湯川れい子委員長、鈴木久泰委員、山田美保子委員が参加いたしました。

●湯川れい子                               ●鈴木久泰
 
●山田美保子                

各自のペットとのエピソードを、それぞれお話させていただきました。





1

  川崎市福田市長には、動物愛護の施策推進に向けた連携・協力をお約束し、
  人と動物が共生する社会に向けての提言をさせていただきました。




1

   ロビーでは、動物愛護委員のペットとのパネル写真を展示し、 署名活動も行いました。



1

1


日時: 2015年9月20日(日) 10:30~15:30
場所: 川崎市宮前市民会館
署名数: 122名





 



               ■パネル展と動物愛護法改正を訴える署名活動
【2015年3月28日(土)】


 1
 

                   悪質ペット業者による、売れ残り動物の大量遺棄が続いている事を問題視し、
                   ブリーダー業の正式な許可制度化、罰則規定の強化などの実現を訴える署名運動
                   を開始しました。

                   「オープンカレッジin富山」の会場にて第一弾を実施、 イベ ント来場者のなかから、
                   377名にご署名を頂きました。



1


                  【署名活動の目的】
                 動物を遺棄しても、モノとして扱われ罪に問われにくいという現状を変えたい。

                  【署名を求める内容】
                 ブリーダー業の正式な許可制度化、罰則規定の強化などの実現を訴える。

                  【署名の提出先】 環境大臣宛

                  【署名活動の方法】
                 ・「ペットとの写真パネル展」前にて、署名を訴える文章(★下記参照)とチラシを配布。
                 ・ご署名頂いた方には、委員会オリジナルのクリアファイルをプレゼント。



1
                              ★署名を訴える文章   (↑クリックすると大きな画像が見れます。)



1


                   日 時: 2015年3月28日(土)9:30~17:30
                   場 所: 富山大学 五福キャンパス 人間発達科学部棟1F
                   署名者: 377名



   

 



               ■川崎市動物愛護フェアに初参加! 【2014年9月23日(祝)】


1

                   毎年動物愛護週間に開かれる「川崎市動物愛護フェア2014」に参加しました。

                    委員会として外部イベントに参加するのはこれが初めて。殺処分を未然に防ぐために、
                   終生飼育「 飼いとげる 」を訴える委員会ポスターを制作しチラシも配布。
                   会員とペットの写真展を実施したブースでは、動物愛護センター再建資金の募金を
                   呼びかけました。

                   募金活動には6名の委員、
                   (湯川れい子、川島なお美、鈴木久泰西川りゅうじん堀 紘一山田美保子)が参加。

                   合計77,420円の募金を川崎市に寄付いたしました。



   ●各自のペットとのエピソードを紹介            ●エンジン01ブース
      ●11名の委員とペットの写真を展示